タグ: 後見

相続における後見人について

法定の後見制度による支援には三種類があります。本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」があります。

認知症など精神上の障害で判断力が低下し、契約や遺産分割などの法律上の手続きをする際に支障が出ることで、補助が必要な場合は、これらの人から相談を受け、契約に同意したり、代理として支援・保護する仕組みを成年後見制度といいます。


“相続における後見人について”の詳細は »