タグ: 売却

相続と遺産分割協議の仕方

相続順位は、配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹、子または兄弟姉妹の代襲者です

遺産分割は現物で行うことが一般的で、方法としては
次のようなものがあります。

●現物分割
そのままの形で相続遺産を分割するものです。
土地は誰に、これは誰に、といった形で
財産そのもので分配することでほとんどの場合に
用いられています。

●換価分割
相続財産を見分割のまま換金処分し、その売却代金を
分割する。土地を売却することが決定している場合その
売却後の代金を相続人で分配する。

●代償分割
特定のものが相続財産を取得して、ほかの相続人に対し
その代償として金銭を支払う分割方法のことを指します。

●共有の分割
一つの資産を複数で共有する方法。いわゆるひとつの土地を
3名で1/3ずつ分割するというような方法。
しかし代替わりをしたときにトラブルになるケースも多い。
“相続と遺産分割協議の仕方”の詳細は »