遺産分割協議書はだれが作るもの

遺産分割について、相続人全員による
話し合いが合意に至ったら、
遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書は必ず作成しなければ
ならないものではありません。

相続人間での合意内容を明確にするために
作成するものです。

不動産などがご遺産にある場合は、
必要になることが多いと思います。

遺産分割協議書の作成方法について
決まりはありません。

しかし、記載内容に不備があると、
手続きが行えず、作成し直しになる場合もあります。

その場合、せっかく相続人全員で押印した書類も
あらためて押印し直す必要があります。

遺産分割協議書を作成するのは、
行政書士という国家資格者です。

行政書士は、遺産分割協議書の作成のみを
業務としておこなえますが、
不動産の名義変更手続き(相続登記)は、
行政書士がすることはできません。

不動産の名義変更をするのは、
司法書士という国家資格者です。

わたくしたち相続手続支援センターでは、
司法書士、行政書士、税理士など
国家資格者と連携して相続のお手続の
お手伝いをしています。

藤沢に相続手続の代行相談所がある
相談に行くなら相続に強いところが安心だと思います。
www.souzoku-shien.net/fujisawa/

«
 

トラックバックURL