指定されている相続人の財産のわけ方

指定相続分とは、

「被相続人は遺言で共同相続人の相続分を定め、または相続分を定めることを第三者に委託することができる(902条1項本文)。」としています。

民法の相続法を熟知し、手続に生かす。  相続手続支援センター川崎駅前はそういった組織です。
上記のような相続分を指定相続分といいます。
「被相続人が共同相続人のうちの一人もしくは数人の相続分のみを定め、または第三者に定めさせたときは、他の共同相続人の相続分は
法定相続分の規定によって定まることとなる(902条2項)。 」
とも定めています。

法定相続分
遺言による相続分の指定がない場合は法定相続分(900条)に
よることとなり、具体的には次の通りとなります。
順位 相続人 相続分(遺留分)
適用 法定 配偶者 他の親族 配偶者 他の親族
1 第1順位 有 子 1/2(1/4) 1/2(1/4)
2 第2順位 直系尊属 2/3(1/3) 1/3(1/6)
3 第3順位 兄弟姉妹 3/4(1/2) 1/4(無)
4 無 全部(1/2) –
5 第1順位 無 子 – 全部(1/2)
6 第2順位 直系尊属 – 全部(1/3)
7 第3順位 兄弟姉妹 – 全部(無)

横浜で相続手続っていったい何をしたらいいの?
ご安心を!相続手続に関する事は全部お任せ。
相続手続なら、この司法書士なら安心して任せられるようです。
横浜には、相続を手続きを細かいところもまとめて行ってもらえる司法書士がいるそうです
相続のことを10年間ひたすら扱い、気づいたら、累計3万5千件ほどの相続の相談にのっていた組織です。
相続手続き支援センターは、そんな集団で、全国各地で、相続の支援を日々行っている。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む