カテゴリー: きちんと遺産分割をやるぞ

遺産分割協議書はだれが作るもの

亡くなった方(被相続人)の遺産の分け方について相続人の間で話がまとまったら、遺産分割協議書を作成しましょう

遺産分割について、相続人全員による
話し合いが合意に至ったら、
遺産分割協議書を作成します。


“遺産分割協議書はだれが作るもの”の詳細は »

子どもだって、親の相続をできないこともある

故人に対して背信的なことをしたならば、その人の相続の権利はないぞ

相続人になれない?
もしも、上記相続人の一人が相続財産を独り占めしたいと思って、自分より優先順位が先にある人を殺害したら?刑事ドラマのような話ですが、実際によくニュースで耳にしますね。
これは当然許される行為ではないので法律上でも厳しく規制され、以下のことも含めこのようなことを起こした場合は、相続人資格を剥奪できるようになっています。
“子どもだって、親の相続をできないこともある”の詳細は »

指定されている相続人の財産のわけ方

遺言による相続分の指定がない場合は法定の相続分でわけることになります。

指定相続分とは、

「被相続人は遺言で共同相続人の相続分を定め、または相続分を定めることを第三者に委託することができる(902条1項本文)。」としています。

“指定されている相続人の財産のわけ方”の詳細は »

相続の宅地比準方式の算式

相続税の申告期限から原則として20年を経過するまで、農業用地として使用してきた場合には、猶予された税額を免除する制度です。

市街地農地の評価額=(その農地が宅地であるとした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの造成額の金額)×地積生産緑地の評価市街化区域内にある農地が生産緑地に指定されると、原則として30年間解除できません。また、建築物の新築や宅地造成を行う場合には、市町村長の許可を受けなければなりません。

ただし、市町村長に対して買取の申し出ができます。生産緑地の評価額=その土地が生産緑地でないものとして評価した価額×(1-10/100~35/100)農地を宅地に転用する場合に通常必要とされる造成費の額は、各国税局ごとに定められています。

・農地等の贈与を受けた場合、原則次の要件を全て満たせばその農地等の相続税が猶予されます。・一般的な贈与の場合、贈与税は110万円に相当する部分までは控除され無税になります。
※贈与税の納税猶予制度農地には、贈与税の納税猶予制度もあります。都市圏の特定市の市街化区域において、生産緑地のみに適用されます。
20年営農による納税免除の特例は適用されません。相続人が、農業を営んでいた被相続人から農地等を相続し、農業を継続する場合に、次の相続か、農業後継者に対する生前一括贈与があるまでの間、相続税の納税が猶予されるという制度について説明していきましょう。

相続税の申告期限から原則として20年を経過するまで、農業用地として使用してきた場合には、猶予された税額を免除する制度です。

いざ横浜で探すと、相続手続支援センターが全国組織であり安心だ
農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図ること、さらに農業経営の世代交代への支援、りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。
www.souzoku-shien.net/