被相続人の預金について

預貯金について

みなさんの預貯金はこのように計算します。
経過利子を含めた公式を見ていきましょう。
預貯金の評価額=預け入れ高+経過利子の額-源泉所得税額
手筈としては以下の通りです。

①預貯金を預け入れた金融機関で相続開始日現在の残高証明書を発行してもらう

②その時点の残高を確認する③相続税の申告書は残高証明書を添付する

経過利子・・・・・・前回の利払い翌日から割り計算で支払われる利子のこと。

相続開始の時点で解約した場合の解約利率で計算されるものです。

定期預金:定期郵便貯金や定額郵便貯金も含みます。
これ以外の普通預金などの預貯金の場合はその相続開始の
残高=預け入れ高によって評価をします。

メモ:遺産分割の方法は、①土地建物の現物を切り分ける「現物分割」、
②誰かが土地建物を引き取り代償を払っていわば買い取る「代償分割」、
③土地建物を売って代金を分ける「換価分割」の組み合わせです。

上場株式の評価

上場株式は証券取引所に上場されている株式をさします。
その評価の方法は証券取引所に上場されている公表の課税時期
(相続開始日)の最終価格(終値)をもとに次にあげる価格のもっとも低い額より評価をおこないます。

●課税時期の属する月の全前月の毎日の最終価格の平均額
●課税時期の属する月の前月の毎日の最終価格の平均額
●課税時期の属する付の毎日の最終価格の平均額

確認の方法は日本証券新聞などに、最終終値、各月の平均額が掲載されているので確認をしてみてください。
入手方法は最寄りの税務署で入手することが可能です。

メモ:SOX法・・・

アメリカの企業が巨額の損失を隠すなどして、投資家の判断を誤らせ、その会計方法などが問題となった
一連の事件を契機として、企業の内部統制の重要性が
再認識されたため、それを教訓として企業改革法として
制定された方法。

このSOX(サーベンス・オクスレー)法と読み次の事項が義務付けられています。○財務報告に係る内部統制の有効性を評価した「内部統制報告書」を作成する

○公認会計士などによる内部統制監査を受けることつまり、簡潔に言えば、アメリカの企業の内部統制制度を真似て、日本でも内部統制に関する法律(金融商品取引法)を置き、これがJ-SOX法と呼ばれています。

広い横浜の中でも相続の専門の本物の事務所
一言で横浜といっても北から南まで結構広い。相続の専門家を自称する人も数え切れない。けれど、横浜駅のそばでさらに本当のプロといえるのは、相続手続支援センターだろう。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む