遺産分割協議書はだれが作るもの

亡くなった方(被相続人)の遺産の分け方について相続人の間で話がまとまったら、遺産分割協議書を作成しましょう

遺産分割について、相続人全員による
話し合いが合意に至ったら、
遺産分割協議書を作成します。


“遺産分割協議書はだれが作るもの”の詳細は »

子どもだって、親の相続をできないこともある

故人に対して背信的なことをしたならば、その人の相続の権利はないぞ

相続人になれない?
もしも、上記相続人の一人が相続財産を独り占めしたいと思って、自分より優先順位が先にある人を殺害したら?刑事ドラマのような話ですが、実際によくニュースで耳にしますね。
これは当然許される行為ではないので法律上でも厳しく規制され、以下のことも含めこのようなことを起こした場合は、相続人資格を剥奪できるようになっています。
“子どもだって、親の相続をできないこともある”の詳細は »

指定されている相続人の財産のわけ方

遺言による相続分の指定がない場合は法定の相続分でわけることになります。

指定相続分とは、

「被相続人は遺言で共同相続人の相続分を定め、または相続分を定めることを第三者に委託することができる(902条1項本文)。」としています。

“指定されている相続人の財産のわけ方”の詳細は »

相続で住宅を取得など、資金の非課税の特例

相続で財産を受け継ぐほかにも住宅ならではの生前贈与という方法もあります。

景気対策の一環として2009年、2010年の2年間のみ導入されています。延長は未定とされ、住宅購入時の頭金の援助に500万円をもらっても非課税です。受け取れるのは、20歳以上の直系尊属で、確定申告が必要です。
国税庁HPでは
“相続で住宅を取得など、資金の非課税の特例”の詳細は »

相続に順位とは、なんのことなのでしょうか。

遺言による指定がない限り、ほかの順位間とで相続することはありません。

相続順位
直系及び傍系(兄弟姉妹)の相続権(889条)
被相続人の子、被相続人の直系尊属、被相続人の兄弟姉妹被相続人の配偶者は、上記の者と同順位で常に相続人となる。同順位同士との相続となります。
遺言による指定がない限り、他順位間とで相続することはありません。
“相続に順位とは、なんのことなのでしょうか。”の詳細は »

相続における後見人について

法定の後見制度による支援には三種類があります。本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」があります。

認知症など精神上の障害で判断力が低下し、契約や遺産分割などの法律上の手続きをする際に支障が出ることで、補助が必要な場合は、これらの人から相談を受け、契約に同意したり、代理として支援・保護する仕組みを成年後見制度といいます。


“相続における後見人について”の詳細は »

相続の宅地比準方式の算式

相続税の申告期限から原則として20年を経過するまで、農業用地として使用してきた場合には、猶予された税額を免除する制度です。

市街地農地の評価額=(その農地が宅地であるとした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの造成額の金額)×地積生産緑地の評価市街化区域内にある農地が生産緑地に指定されると、原則として30年間解除できません。また、建築物の新築や宅地造成を行う場合には、市町村長の許可を受けなければなりません。

ただし、市町村長に対して買取の申し出ができます。生産緑地の評価額=その土地が生産緑地でないものとして評価した価額×(1-10/100~35/100)農地を宅地に転用する場合に通常必要とされる造成費の額は、各国税局ごとに定められています。

・農地等の贈与を受けた場合、原則次の要件を全て満たせばその農地等の相続税が猶予されます。・一般的な贈与の場合、贈与税は110万円に相当する部分までは控除され無税になります。
※贈与税の納税猶予制度農地には、贈与税の納税猶予制度もあります。都市圏の特定市の市街化区域において、生産緑地のみに適用されます。
20年営農による納税免除の特例は適用されません。相続人が、農業を営んでいた被相続人から農地等を相続し、農業を継続する場合に、次の相続か、農業後継者に対する生前一括贈与があるまでの間、相続税の納税が猶予されるという制度について説明していきましょう。

相続税の申告期限から原則として20年を経過するまで、農業用地として使用してきた場合には、猶予された税額を免除する制度です。

いざ横浜で探すと、相続手続支援センターが全国組織であり安心だ
農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図ること、さらに農業経営の世代交代への支援、りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。
www.souzoku-shien.net/

相続で有効な遺言とはどんなタイプだろう

公正証書遺言 は、公証人に作成してもらう遺言。公証人役場で作成する相続の遺言書です。

遺言の有効な種類は以下になります。

自筆証書遺言 → 全文を自筆で書かなければなりません。パソコン、ワープロで作成したものは無効となってしまいます。

・全文、日付、氏名を自書する

・遺言書に押印する
・使用する印鑑に制限はありません。実印でも認印でもどちらでもかまいません。デメリットは他人に偽造・変造される危険性があること。遺言書は、封筒に入れて封印しなくても法的に問題はありません。また、封印してある遺言書は相続人が勝手に開封することはできません。家庭裁判所で相続人またはその代理人の立会いの上で開封しなければなりません。家庭裁判所の検認の手続が必要です。公正証書遺言 →、公証人に作成してもらう遺言。公証人役場で作成する。

その時の条件は以下の通り。
人2人以上の立会いがある
・遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授する公証人が、遺言者の口授を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせ、または閲覧させる。

・遺言者と証人が筆記の内容が正確なことを確認し各自が遺言書に署名・押印する公証人が上記の方式に従って作成された旨を付記して署名・押印する。デメリットは費用と手間(時間)がかかりますが、無くしたりすることなく専門家に頼めるので有効な手段の一つです。

秘密証書遺言→ 遺言の内容を秘密にし、遺言の存在を公証人に証明してもらうというもの。遺言書に署名押印する。
・遺言者が作成した遺言書を封筒に入れて、遺言書と同じ印で封印する
・遺言者が公証人、証人2人以上の前に遺言書を提出し自分の遺言である旨と、筆者の住所と氏名を述べる
・公証人が遺言書を提出した日付と遺言者の申述を封筒に記載した後、遺言者、証人とともに署名押印する秘密証書遺言の本文は、代筆やワープロでもかまいません。ただし、署名は自筆でなければなりません。家庭裁判所の検認の手続が必要です。

いざ横浜で探すと、相続を相談できるのはここだと思った
横浜は都会なので、いろいろ相続を扱っているところがあった。けれど幅広くなんでも相続のことをお願いできそうなところは数少ない。
www.souzoku-shien.net/

被相続人の預金について

①預貯金を預け入れた金融機関で相続開始日現在の②その時点の残高を確認する ③相続税の申告書は残高証明書を添付する

預貯金について

みなさんの預貯金はこのように計算します。
経過利子を含めた公式を見ていきましょう。
預貯金の評価額=預け入れ高+経過利子の額-源泉所得税額
手筈としては以下の通りです。
“被相続人の預金について”の詳細は »

相続税の他に支払う税金は・・

法定相続人の人数や遺産総額がどれくらいあるかによって、 相続税を納める義務があるかどうかが決まります。

相続税には、資産(財産)になりますので、所得税は発生しません。
相続税の他に、固定資産税・登録免許税(名義変更)等が発生。

法定相続人の人数や遺産総額がどれくらいあるかによって、
相続税を納める義務があるかどうかが決まります。

場合によっては相続税が課税されないこともあります。
“相続税の他に支払う税金は・・”の詳細は »

« 過去の記事